しわやたるみなら評判を確認【費用相場を調べる】

超音波でたるみを消す

新しい治療法として

女の人

切らずにたるみを引き上げる方法としては、サーマクールが有名です。
劣化したコラーゲン繊維を縮小するとともに、創傷治癒効果でコラーゲンの産生量を増やす効果もある方法として知られています。
これとよく似たタイプの新しい治療法として登場したのが超音波を使ったウルセラです。
サーマクールとウルセラは似ていますが、ウルセラが注目されるようになったのには理由があります。
それはSMASという真皮の下にある筋肉と筋膜を直接熱の力でリフトアップすることができるからです。
超音波が肌を通過してSMASに均一な深度で作用してコラーゲンを収縮させるので、筋肉のたるみをピンポイントで引き上げます。
ウルセラは治療が終わってすぐの段階でも、局所的に筋肉のたるみが治ったことを実感できるでしょう。
創傷治癒効果によるコラーゲンの増加によって、一ヵ月から二か月かけて徐々にリフトアップ効果が高められていくことがわかるはずです。
他の長所としては、今まで照射系治療をすることが困難だった首の皮膚にもウルセラなら対応可能だという点も挙げられます。
首は年齢がはっきり出やすいものの、皮膚が薄いことなどから熱エネルギーを使ったたるみ治療が不向きでした。
でもウルセラなら肌が腫れることもなく、安心して治療できます。
たった一回の治療で効果が半永久的に続くので、術後の検診に行く以外で通う手間もかかりません。
クリニックに通院するのが面倒な人にも適しています。

皮膚を切らずにたるみ改善

女性

最近注目されているウルセラは、ウルセラシステムという高密度の超音波エネルギーを皮膚の奥深い部分に照射することでリフトアップ治療をすることができる治療方法のことです。
皮膚の深い部分にある筋膜を超音波エネルギーによって引き上げ、たるみを改善することができるという画期的な治療法となっており、日本でも数年前から導入され始めています。
人間は誰しもが重力に逆らうということはできず、年齢を重ねるごとに少しずつ肌が下に下がってきてハリもなくなることによって、たるみが進んでいきますが、ウルセラではメスを使うことなく、皮膚を切ることなくリフトアップをすることができるので、女性にとっては非常に嬉しいリフトアップ治療方法なのではないでしょうか。
ウルセラ治療を受けたいと思った場合には、電話予約、またはそのクリニックのホームページ上のお問い合わせフォームによるネット予約などで申し込みを行うことができます。
治療が始まる前にはまずは問診票の記入をし、自分が治療してほしい箇所や、肌の状態や肌の悩みなどに関してカウンセリングを受けます。
治療に対して聞きたいことや不安なことなどがあれば、カウンセリング時に聞くと良いでしょう。
カウンセリング後には、しっかりと洗顔をしてきれいにメイクを落とすことが必要です。
身につけているアクセサリーはすべてはずしておきましょう。
そして、治療日当日には飲酒や激しい運動などはしないようにしましょう。

皮膚のたるみを改善したい

女医とレディ

年齢と共に皮膚のたるみが目立ってくるので、悩んでいる人が多いですが、メスを使用するリフトアップには抵抗を感じている人がほとんどです。
美容外科のクリニックでは、ウルセラによるたるみ治療を行っており、超音波による熱を与えることで、皮下組織や真皮層に働きかける効果があります。
熱によるダメージを与えることで、1、3か月ぐらい掛けて、皮膚が修復してくるため、コラーゲンを生成して、ハリや弾力を与える効果が期待できます。
ウルセラは、最新の医療機器を使用して熱照射をしますが、皮膚の表面には反応せず、皮膚の深い部分にのみ、働きかけるので、皮膚が赤くなったり、腫れなどもほとんど目立たず、体に負担の少ない方法です。
とても自然な仕上がりが特徴なので、周囲の人に気付かれずにリフトアップをしたい人に人気があります。
当日からメイクが可能になっているので、帰宅をする時は化粧ができるので、安心できます。
若い30代の人は、少しずつ皮膚のたるみが気になってきますが、安全性の高いリフトアップの施術を受けたい人には、ウルセラが人気があります。
経験豊富な医師が在籍をしているクリニックを選ぶと、安心して施術が受けられます。
メスや針を使用しないため、痛みなどもほとんどなく、痛みに敏感な人にも高い人気があります。
現代はウルセラの施術を受けられるクリニックが増えているので、一度カウンセリングを受けてみると良いでしょう。
傷跡も残らないので、人に気付かれる心配はありません。